29才からでも、アパレル販売員になりたい!

でも、経験者がモノをいう世界だし、もっと早い年齢じゃなきゃだめなの?

そんな不安は山ほどあると思います。
でも、心配いりません!

「アパレル販売員!成功の法則」では、立派なアパレル販売員になれるような知恵や考え方を紹介しています。

アパレル販売員は、好きな洋服に囲まれた楽しい仕事です。
アパレル販売員になりたい!
その思い、すごく大切です。


人気ブログランキングに参加中!!応援してくれるとうれしいです
ポチッ→banner_02.gif

売ることよりも大事なこと

売ることよりも大事なこと。

アパレルの販売員、まぁ、どんな販売でも同じですが、売ることよりも大事なことがあるんです。

実は・・・



売らないことなんです。


はぁ?
と思うでしょうね。


こういうことです。

売上を取ろうと、無理に似合ってもいない服や、売れ残っている商品を売ってしまうことってあると思います。

人気あるんです!
私も着ています!


など、

煽り気味のセールストークで、無理やり売ってしまうことって、力のある販売員になればなるほど、ついやってしまいがちなんです。

もちろん、効果的なトークではあることは間違いないのですが、やりすぎると、効果はなくなってしまいます。

次につながらないからなんです。


「あの店、感じが良かったから、次回は、絶対にあの店で買おう」

こういう印象をお客さんに与えることができなくなるんです。

では、なぜ、「あの店、感じが良かったから、次回は、絶対にあの店で買おう」と思ってもらえるのかというと・・・。


本当にお客さんのために接客するからなんです。
そのためには、時によっては、”売らない”というスタンスも必要なんです。

たとえば、お客さんが選んだ商品よりも、似たようなデザインで、3割くらい安い値段の商品が、来週入荷になることがわかっているあなたは、そのことを教えてあげて、入荷後に、比較してみては、というように、今回は、購入させない、とか。

他にもいろんなケースはあると思いますが、お客さんの印象にいい形で残ることが、リピーターになっていく可能性は高いのです。

一回きりのお客さんに売れればいいというだけでは、長続きはしませんよね。




posted by アパレル販売員お助けプロ at 18:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | 思考・発想

売場は、だれのものですか?

アパレルの販売員も、アパレルの販売員の仕事をする前は、一消費者、お客さんです。


で、自分が接客された印象や、入ったときのお店の感じなどで、ひいきにするお店を知らず知らずに選んでいたと思います。

でも、立場が逆転し、自分が売る側、販売員になるととたんにそのことを忘れてしまうケースが多いのです。


ついつい、「売らなくては」「これはここに置いた方が、自分がやりやすいな」というように、自分目線で売場作りや接客をしてしまいがちなんです。


あなたが見やすい、やりやすいことは、お客さんも同じではないのです。お客さんの立場で考えた場合、どうなのか。

接客トークや売場作り、商品レイアウトを行う際には、そのことをスタッフも含め、十分に見つめなおすことが大事なんです。
posted by アパレル販売員お助けプロ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

成功体験を忘れること

成功体験というのは、誰しも引きずってしまいがちです。
「こうやったらうまくいった」ことは、次もうまくいくものだと思い込みがちです。

でも、今は、新しい時代に入ったのですから、
(消費が落ち込んでいること)

販売する側も新しいやり方、見せ方などを模索する必要があるのです。

その意味で、過去の成功体験を踏まえた上で、新しいアプローチ、対策を打たなくてはなりません。


つまり、過去の成功体験の踏襲では、だめなんです。

今の時代にあった、新しいやり方を考えること。

そういう発想が必要です。
posted by アパレル販売員お助けプロ at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

小杉産業の倒産からて思うこと

小杉産業が倒産しましたが、新聞には時代に対応できなかったというようなコメントがありました。

これって、今の世の中を象徴するものだと思います。

時代の流れといってしまえば、それまでですが、
常に新しいものを開発したり、新しい切り口を生むことが、
大事なんだとつくづく思いました。

ユニクロや任天堂など、この不景気でも好調な企業はあります。
で、やはり新しい切り口が新しい商品の開発を、考えているから、今の好調があるんです。

これって、お店や売り場にも通じるものです。
タグ:小杉産業
posted by アパレル販売員お助けプロ at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

なぜの発想について

アパレル販売員に、なにが売れているかを聞くと
明確にどの商品って教えてくれるんですが、なぜ?売れているのかを聞くとわからないケースがあります。

まぁ、本部の人間しても同様です。

これは売れない商品についても同じことです。


自社の商品、売場、レイアウト、ディスプレー、
それぞれに訴求する意図はあると思います。

でも、なぜ?という発想がないと
次につながりません。

なぜ?と思うことで、原因がわかります。
はっきりとわからなくても、仮説でいいんで、もしかしたら、こうなのかもしれないと思い、実践してみる。

その結果、こうなったということがわかれば、売れる売れないの理由が分かり、次につながっていくのです。

posted by アパレル販売員お助けプロ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

売り場はだれのものか

アパレルに限らず、売場っていうのは、誰のためのものか?

案外、基本的なことが抜けている場合は、多かったりします。
販売員という売る側の立場になるとお客さんの気持ちを自分たちの都合にいいように思い込んでしまうんですね。

たとえば、POPひとつとっても
自分たちがお客さんに接客するときにきちんと説明するからPOPをつけない売場があります。

でも、お客さんにしてみれば、いちいち販売員に聞くよりも
ぱっと見てわかる方がうれしいですよね。

お客さんの目線、気持ちになっていないんですね。
ですから、自分たちがどうこうよりも、お客さんから見てどうなのかを考えないといけないのです。

今のこの不況感の中では、原点回帰で実践することで改善の糸口が見えるんです。
posted by アパレル販売員お助けプロ at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

なぜと思う習慣

時代が大きく変わろうとしているのに、過去の成功体験にがんじがらめになり、うちの店は、こういうの売れないんです。

などというケースがあります。

要するに、新しいものを取り入れようとしなかったり、
別の視点で物事を捉えようとしなければ、


低迷からの脱却はないのです。

売れたものにばかり見るのではなく、売れなかったものも
なぜ?売れなかったのか、その理由をしっかりと把握し、改善しなければよくはなりません。

常なぜ?と思うことは絶対に必要となります。
タグ:成功体験
posted by アパレル販売員お助けプロ at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

販売員は意識を高めよう

販売員は意識を高く持つことです。

いやぁ〜、それにしても、今年は大恐慌の様相を呈しています。
事件は現場でおきているじゃないけど、現場はすごいことになっています。

12月の声を聞いたとたん、一気に売上ダウンです。

とはいえ、しっかりと売れているブランドもあることはあります。

こういうときこそ、できることはなにか?
じっくりと自分の売場を見直す機会ではないでしょうか?

目先の売上も大切ですが、同時に先を見越した戦略を練っておくことはそれ以上に重要です。

不況不況と世間に同調していては、ダメ。
より高い意識を持ち、なにが必要かを考えることです。

とはいえ、おそらく、誰しもここまでの落ち込みは予想だにしていなかったのではないでしょうか。

それほど深刻です。

ホンダのF1から撤退しちゃいました。。。
posted by アパレル販売員お助けプロ at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

明確な目標を持つ人と持たない人の差

明確な目標を持つ人と持たない人の差というのは、
はじめはちょっとした差ですが、後々大きな差になります。

自分のお店を、どうしたいのか、
自分は、どんなアパレル販売員になりたいのか、


など、明確な目標があると、そのために足りないことややるべきことが見えてきます。

目標がないと、ただ、がんばります、で終わっちゃいます。

それって、ぜんぜんがんばってないんですよね。

今一度、きちんとして目標を立てましょう!!
posted by アパレル販売員お助けプロ at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

他人のせいにしない

他人のせいにするのって、簡単じゃないですか。

売れないのは、商品が悪い、お客さんがいない、雨が降ったから、
不況だから、、、、、


理由はなんでもいいですよね。

アパレルの販売員にも、こういうタイプは多いです。

でも、これじゃ進歩はないです。

悪いのは、全部自分の責任でしょ。

自分で解決できることは、たくさんあるんです。簡単に解決できないこともあるでしょうけど、


こうしたいから、いま、こう取り組んでいる。
こうやって、売りたいんで、この商品をもっと投入したい。


などなど、

いま、自分にできることはなんなのか、という発想がないと
全部、他人や周りの責任にしてしまうんです。

それでは、絶対に前に進まないんですよね。
posted by アパレル販売員お助けプロ at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

ストレス 解消法

ストレス 解消法やってますか?

アパレル販売員の仕事って、立ち仕事で、常にお客さんの目を意識していたりと疲れますよね。。


で、ストレスを解消する方法を自分なりに探しておくことです。
じゃなきゃ、自分のキャパオーバーしてしまうこともありますから。

で、ストレス解消法としては、


たとえば、
笑うこと、とにかく笑うこと。
汗を流すこと、やっぱりスポーツですかね。
また、愚痴をこぼす・泣き言をいう。お酒飲んで、愚痴を言うのもたまにいいんです。そうやって、吐き出すことも必要です。
あとは、趣味を持つこと、自分の好きなことですよね。
これは、僕のお勧めですが、温泉ですね。露天風呂で、ボーっとする。
これって、リフレッシュされますよ。

まぁ、自分なりのストレス解消法は、もつべきです。
posted by アパレル販売員お助けプロ at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

誇り・自覚をもつこと

アパレルの販売員であることに誇りをもつことというか、勤めている会社や携わっているブランドに対して、誇りをもつことって、大事です。

自分の立ち位置を理解している場合と、そうでない場合というのは、接客や振舞い方も違ってきたりします。


この場合の、立ち位置って、ポジションというか、属性みたいなものです。

●●のブランドの販売員なら、こうあるべきだという自覚です。

これがなきゃ、単なる販売員で終ってしまいます。

posted by アパレル販売員お助けプロ at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

価格と価値感

価格と価値感のバランスということが、現在の小売には求められています。

要するに、安くても、高くても、その値段に値する価値があるかどうかということです。

今の消費者には、嘘は通用しないということではないでしょうか。

たとえば、

百貨店だから、高い値段の商品でいいんだ、という考えは、真っ向からなくなっています。


ただし、
安ければいいというものでもないのです。

いくら安くしても、お得感がなければ、売れないのです。

商品の価値と価格のバランス。

このバランスがつりあわないと売れないのが、今の消費動向のようです。

posted by アパレル販売員お助けプロ at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

過去の成功体験は邪魔です

アパレルの店長には、さまざまなタイプがいますが、
いま、現在、売上に苦戦にしている人って、過去には売れていた経験をもっていませんか?


過去の成功体験というのは、意外とあなたの成長を邪魔しているかもしれません。

昔は、こうだった、ああだった、というパターンです。

それよりも、今の現状を把握し、そのうえで、

●●だから、▲▲なのだ。

という発想に切り替えないと、行き詰るかもしれません。
posted by アパレル販売員お助けプロ at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

出来ない理由

出来ない理由をあげてしまうと、そこから先へ進めません。

やるためにどうするかという発想がないと、売上も伸びません。

いきなり、なにをいっているのかというと、最近は、アパレルは消費不況の影響を受けている状況です。とくにデパートは、、、、、。

で、アパレルの販売員に、よくあるのが、売れない理由を周りのせいにしてしまうことなんです。

商品のせい、百貨店のせい、お客のせい・・・・

でも、同じ環境のなかにあっても、売上を伸ばしている店もあるんです。


なぜ、伸びているかというと、地道に、できることを続けているからなんです。

やるべきことをしっかりとやりつづける。
できるためになにをするか。

これが基本なんです。
posted by アパレル販売員お助けプロ at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

口癖に気をつけよう

厳しい、厳しい、厳しい、

最近は、百貨店のバイヤーなどは、こぞって、この言葉を口にします。

金融破たん、株価暴落、消費低迷など、暗い話題が多いのも事実。

しかし、

自店の売れてない原因を究明し、対策を講じることなしに、きびしいという言葉でごまかしているようにも聞こえます。

アパレルの接客においても、口にする言葉には、気をつけたいもの。

売れない、きびしい、ダメ、なんてマイナスの言葉は、使わないこと。
とくに、店長が、こういう諦めムード満点の言葉を発すると、スタッフにも伝達し、売場全体が沈滞ムードになってしまいます。

とはいえ、
実際は売れてないのに、売れてるというのも無理があるので、
〜したら、どうだろうとか、〜して、頑張ろう、みたいな
周りが元気になる言葉を発し、活気付けていきましょう。

posted by アパレル販売員お助けプロ at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

えこひいきの思想

えこひいきの思想は、必要なんです。

アパレルの接客に関する書籍では、お客さんに公平に接するとあります。

しかし、これは、ある意味間違いです。

ある意味です。。。。。


そして、ある意味、えこひいきはやるべきなんです。

あなたの店で、年間購入額が高い人と、低い人では、どちらがあなたのお店にとって、大事にしなくてはいけない人でしょうか。

前者であることは、いうまでもありませんよね。

特別扱いすることで、そのお客さんは、もっとあなたのお店を気に入ってくれ、買ってくれます。

誤解なきようにいっておきますが、
あくまでも、お客さんに「特別扱い」されていると感じてもらえるようにするのです。

露骨に、態度や接し方を、お客さんによって変えろといっているわけではありません。

具体論は、省きますが、一般的なえこひいきとは違います。


たとえば、スタッフ全員が、そのお客さんを名前でよぶ。
よばれた方は、どうでしょうか?

特別扱いされていると感じるのではないでしょうか?

優良顧客には、特別であることを意識してもらうようにするのです。
posted by アパレル販売員お助けプロ at 22:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 思考・発想

商品を愛すること

商品を愛することは、その商品に愛情をもつことです。

簡単そうで、できていない方が多いんじゃないでしょうか?


入荷した商品を見て、「かわいくない」とか「売れそうにない」とか批判する販売員っていますが、正直、そういう販売員のいる店は、売上伸びません。


自社の商品を愛することができないのに、その商品を自信を持って、お客さんにすすめることなんてできないじゃないですか。


商品の批判をする暇があったら、ディスプレーのひとつでも手直しでもしましょう。その方が、よっぽど建設的で、売れる方法です。

アパレルの販売員というのは、売ることが仕事です。
どんな商品でも、どうアレンジして、お客さんに興味をもってもらえるかを考えることが仕事です。


そもそも、商品の良し悪しは、お客さんが判断することです。しかも、売上という数字で結果がでますから、販売員がどうのこうのという余地などないんです。

その辺のことをよく、理解しておきましょう。


posted by アパレル販売員お助けプロ at 23:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | 思考・発想

シンプルに考え、シンプルに行動する

アパレル販売って、こうすれば売れるという数学的に答えがきまっているわけではないんです。


でも、こうやったら、喜んでもらえるとか、こうすれば、満足してもらえるんじゃないか、ということは、あります。

で、そういうことを愚直に実践しているお店というのは、実は安定して売上を上げているんです。


売れていないお店というのは、実は、なぜ売れないのか、その理由がわかっていないんです。というか、全部他人のせいにしているんです。

天候や商品や、売場の場所など。。。。。


自分たちでできることをリストアップし、それをひとつずつ修正していけば、売上はあがっていきます。

つまり、答えは、シンプルに考え、シンプルに行動することなんです。

posted by アパレル販売員お助けプロ at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想

勉強の必要です。

アパレル販売員ということで、ファッションのお勉強も必要ですが、流行の場所などに遊びにいくというスタンスは、絶対に不可欠です。

本物に触れる、出会うという感覚は、バーチャルでは味わえないですからね。いくら、バーチャルでシミュレーションしても、リアルには勝てません。


そういうことでの感性と言うのは、なにものにもかえがたいですから。


ということで、大いに遊びましょう、です。
(ただし、安い居酒屋で、店長の悪口をいうような遊びはやめましょう、なんのプラスにもなりませんから)
タグ:アパレル
posted by アパレル販売員お助けプロ at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・発想