29才からでも、アパレル販売員になりたい!

でも、経験者がモノをいう世界だし、もっと早い年齢じゃなきゃだめなの?

そんな不安は山ほどあると思います。
でも、心配いりません!

「アパレル販売員!成功の法則」では、立派なアパレル販売員になれるような知恵や考え方を紹介しています。

アパレル販売員は、好きな洋服に囲まれた楽しい仕事です。
アパレル販売員になりたい!
その思い、すごく大切です。


人気ブログランキングに参加中!!応援してくれるとうれしいです
ポチッ→banner_02.gif

接客と提案力

接客とは、提案力です。
極端にいうとお客さんに似合うと思ったものを、とにかくガンガン勧めることです。
しかも、いろんなパターンで組み合わせながら、お客さんが好みそうなコーディネートで、演出して見せるのです。


売れる販売員は、この「商品提案力」があるんです。

次から次へと提案します。

逆に売れない販売員は、どれかひとつかふたつを勧めて、お客さんが納得しないとそれ以上勧めることをためらってしまうのです。

この差です。


ある意味、ずうずうしいというか、めげないというか。。。
いや、それよりも、コーディネートの引き出しをいかに多く持っているかにつきます。

で、その提案力を鍛えるには、質よりも量です。

●●風、●●系といったくくりで、どんどん組み合わせの練習をする。
むろん、他店のコーディネートも数を見ることで、目も肥えてきます。

あとは、お客さんにガンガン勧めることです。

posted by アパレル販売員お助けプロ at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | アパレル販売手法

販促物を活用せよ!

 アパレルブランドのイメージキャラクターに
 有名なタレント、女優さんを使っていることがあります。
 売れる販売員というのは、そういう小道具を使ってセールストークをかませて、 お客さんを納得させてしまいます。
 
 大概は、店内に飾ってあるだけで、そのままになっていることが多いのですが、
 そのために、販売員は案外見落としがち。。。
 
 いつも見慣れているからね。
 

 で、できる人は、どうやって活用するかというと、すっげー簡単!! 
 それはですね。


 
 お客さんが、商品を手にする、もしくは試着しようとしたときに、
 「○○さんも、それ着ているんですよ」と言って、
 イメージキャラクターのポスターやパネルを指さすだけ。 
 
 
 それだけです。(笑)
 でも、これを言うか言わないかで、売れる売れないが決まることも
 あるのです。
 
 
 だったら、
 
 言ったモン勝ちでしょ! 
 売れる売れないの差は、実はこのちょっとしたことなんです。

posted by アパレル販売員お助けプロ at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アパレル販売手法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。